中・高教師用ニュースマガジンとは、授業実践・指導法・研究・研修・ワークショップなど教師に「価値ある情報」を2000年3月から配信しています。ブログ暫定版として閲覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【この記事は2000年8月のものです】
皆さんへ

毎日新聞社学生新聞本部
こども環境・文化研究所


 「勇気の日」、電子新聞と毎日中学生新聞で動きはじめました。電子新聞(別紙)は今週月曜日(8/28)アップの号で紹介しましたから、お読みいただけたかと思いますが、中学生新聞でも下記のような原稿で9/1日に掲載予定です。共愛学園の新聞委員たちは9月、校内や地域に理解と共鳴の輪を広げようと準備しています。
 そこで、中学生新聞、電子新聞なりを生徒さんに読んでもらい、「勇気の日」についての意見、感想などをお寄せいただけないでしょうか。「うちの学校でも何かやってみよう」という“決意表明”のようなものであれば、なお結構ですが、これは注文でも何でもありません。電子新聞では来週号から共愛学園新聞委員会の生徒たちのリレーメッセージもしくはリレー報告を掲載しますが、そこや中学生新聞で紹介していきたいと考えています。

「みんなの力で『勇気の日』を実現しよう」。

 参議院主催の「子ども国会」に参加した中学生らが、いじめや少年犯罪のない社会を作ろうと「勇気の日」制定に向けて動き始めた。共愛学園中・高校(前橋市)の新聞委員会メンバーはこのほど毎日中学生新聞編集部を訪れて熱意を披露。活動の展開について記者らと話し合った。また、仲間の輪を広げようと、「子ども国会」に参加した全国の小中学生にも、それぞれの学校での活動を呼びかけ始めた。
 「いじめや犯罪をとめる勇気をみんなが持とう。そのために、一人一人が何か一つでいいから勇気をもって行動する日を作ろう」という「勇気の日」は、「子ども国会」=「ニュースの言葉」参照=で共愛学園中3年で新聞委員の相内(あいうち)優香さんが訴えた。
 「子ども国会」への参加も、みんなに「勇気の日」を知ってもらおうと応募したもので、相内さんが発表した意見は新聞委員会のメンバーで考えた。
 「勇気の日」には、多くの「子ども議員」が共感してくれ、宿舎となった東京・代々木のオリンピック記念青少年総合センターでは、夜遅くまで熱心な話し合いが行われた。
 同校新聞委員会では6、7年前から「正義の日」を制定したらどうだろうと話し合われてきたが、オウム真理教事件で殺害された坂本堤弁護士の母さちよさんらに取材していく中で、「正義」という言葉では漠然としていることに気づき、だれにでも分かりやすい「勇気の日」に名称を変えた。
 毎中を訪れ、「勇気」について話し合ったのは相内さんら6人。中林麻依さん(高2)は「『ゴミを拾う勇気』『お年寄りに優しくする勇気』など、環境や福祉にも『勇気の日』が必要なのですね」と話した。6人は「多くの人に伝え、賛同してもらうために、まず自分たちから『勇気』に取り組んでいきたい」という。

 新聞委員会のメンバーは、「勇気の日」は祝日にして、大人と子どもが一緒に「勇気」を考えるイベントを開く日にしたいと考えている。この運動を地域の人にも知ってもらおうと、9月30日と10月1日の学園祭「共愛学園バザー」に向けて準備を進めることにしている。

【記者】
 「勇気」って何だろう? みなさんも一緒に考えてみませんか。
「勇気の日」についての意見を編集部「勇気の日」係に送ってください。
◎言葉・子ども国会◎「子ども国会」◎ニュースのことば
 3年前に参議院開設50年を記念して初めて開かれた。2回目の今年は、20世紀最後の年ということで、8月2、3日に開催された。子ども議員は参議院議員の定数と同じ252人で、全国の小学校5年生から中学校3年生までを対象に公募で選ばれた。
 テーマごとの委員会、本会議で活発に意見を交わし、国会の役割や仕組みを学ぶとともに、自分たちを取り巻くさまざまな問題を考えてもらうことを目的にしている。
 今年は、教育、環境、国際交流、福祉、社会生活をテーマにした8つの委員会が設けられた。委員会の話し合いをもとに「私たちにできること、大人に望むこと」を「2000年子ども国会宣言」にまとめ、3日の本会議で賛成多数で採択した。
****************
毎日新聞社学生新聞本部
こども環境・文化研究所

〒100-8051
東京都千代田区一ツ橋1-1-1
電  話 03-3212-0267
ファクス 03-3212-5141
Eメール ogawa@mainichi-kodomoken.or.jp
みんなで作るみんなの新聞
「こねっと毎日学校電子新聞」
http://www.wnn.or.jp/wnn-s/
****************
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:いじめ - ジャンル:学校・教育

【2006/12/30 15:50】 | アーカイブ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。