中・高教師用ニュースマガジンとは、授業実践・指導法・研究・研修・ワークショップなど教師に「価値ある情報」を2000年3月から配信しています。ブログ暫定版として閲覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

       2003年4月15日

『ブックレット』企画書

                               
1.コンセプト
 ①「●高の魂」*を深め、伝え、はぐくむ。
 ②各地の実践者とつながり、ネットワークづくりのきっかけをつくる。
 ③元気の出る教育改革を具体的・多面的・重層的に提言する。
  *典型的には松高にみられるものの根っこを同じくするさまざまな実践が試みられていると考えますの    で、理念型のようなものとして捉えていただけるとありがたいです。

2.編集上のお願い
 ①装丁はそろえるが、構成や表現上の工夫は各巻で…(ただし、GA出版と要確認)。
 ②できるだけ多くの方が執筆できるように配慮していただく(巻の内容によっては例外  もある)。たとえば、1章分を複数で(地域と学校の方が)書くなどの工夫も必要。
 ③具体的な取り組みについては、「実施の経緯」や「失敗とふりかえり」を含めて厚み  をもたせた記述をしていただく。
 ④できるだけ生徒の生の言葉や受け止め方、あるいはアンケートの結果を盛り込んでい  ただく(図式化など視覚に訴える工夫もお願いしたい)。
 ⑤平易な言葉でわかりやすく表現するとともに、読み手自身が考えるような工夫をして  いただく。
 ⑥読んだあとで元気が出てくるような内容・形式を工夫していただく。
 ※脱稿したものから随時坂本さんにお送りください。その都度、小生も拝読いたします。

3.『ブックレット』概要(編集方式等)
(1)編集方式
 ①各巻分担執筆(5~10名):各章の執筆を行う。
      ↑↓
 ②各巻編集(2~3名):各巻の執筆候補の選定と編集を行う。
      ↑↓
 ③出版編集(SAさん):実務レベルの調整と編集を行う。
      ↑↓
 ④責任編集(通巻:KI):全体の内容等に責任を負い、すべての校正を行う。
(2)頒価・体裁等
 新書程度のボリュームで、頒価は1200円程度とする。詳細は、執筆依頼状とともにGA出版の方から改めて送付していただく。
(3)作成スケジュール表
 別紙をご参照ください。
4.各巻の構成とねらい(タイトルは仮題:敬称略 五十音順)

第0巻 『これまでの高校 これからの高校』(KI)
 これまでの高校教育を大まかにレビューし、21世紀の高校のあり方をわかりやすく解説する。『ブックレット』への入門書として位置づけ、全体構想を含めて書く。基本的な視座を与えてくれるような「やわらか対談」も含める予定。

第1巻 『市民性を育む授業をつくる-学力論争を超えて-』(TA・YO)
 学力論争の問題点を洗い出し、高校教育のあり方を「市民性」をキーワードに捉え直していく。機械論的人間観、分断された社会観、同調主義など現在の社会的な病を見極め、新しい高校教育の可能性を探っていく。「座学を変える」なども1章分盛り込み、伝統的な授業を方法レベルで変えていくことも視野に入れる。

第2巻 『ピア・エデュケーションのちから』(●・HI)
 『るるく』『劇団あゆ』の活動に典型的にみられる高校生による学びのちから。純粋にフォーマルな教育活動以外の実践を集め、理論化し、大人たちが思い描いてきた高校教育観を揺さぶっていく。仲間づくりと学びが有機的に結びつくことによって、「高校生に返していく」ことや「教師のかかわり方」の意味が問い直される。

第3巻 『元気の出る組織づくり-高校が再生するために-』(E・MU・YO)
 持続的で深い高校づくりの鍵は、組織のつくり方(とくに、哲学とコミュニケーション)にあるといっても過言ではない。複数担任制、コーディネーター、教師の職階制、参加・提案型組織づくり、学校協議会などを取り上げながら、具体的に高校を元気にするポイントを探り出す。

第4巻 『高校を変えるカウンセリング』(A・SA)
 高校でのカウンセリングの幅広い可能性を具体的に示す。生徒が学ぶカウンセリング、教師の生徒とのかかわり方、生徒や教師のメンタル・ヘルス、養護教諭のかかわり方、教師同士の関係のつくり方、地域とつながる方法…。多様な場を行きつ戻りつできるカウンセリング、一人ひとりを機械にしないカウンセリングのあり方を現場に即して解き明かす。

第5巻 『深さをめざす参加・体験学習』(HI・**→ここに●●さんを考えています)
 「這い回る経験主義」という安直な批判を超え、参加・体験学習がいかに日常的な学びの中核をなしているか、そして今後ますますそうである必要があることを理論的に示す。さまざまな実践の成果を具体的に提示しながら、学びの「深さ」につながる参加・体験学習のあり方を提示する。体験のための体験にならない…つながりゆく学びを構想する。

第6巻 『国境を越える高校生-グローバリズムを超えて-』(KA・E)
 高校生自身が国境を越え、世界の人々とつながっていく。そうした取り組みがますます重要になる。とくにアジアを中心とする取り組み、「困難さ」を分かち合う取り組みに焦点を合わせ、経済至上主義のグローバリズムを批判的に乗り越える可能性を探る。国内の「国境」に目を向けることの必要性も含めて、共に生きる世界を具体的に提言していく。


第7巻 『高校が進路を開拓する-困難な時代に立ち向かう-』(IKE・NO・O)
 大学全入時代が間近に迫る一方で就職状況がますます悪化している。この困難な時代に、どのような乗り越え方がなされるかを具体的に示す。高大連携、インターンシップ、AO入試、大学教育や入試制度、就職慣行の見直し、専門学校の可能性、などについて検討を加える。就職や進学の全体構造を論じる論考を含めて、構造的な問題を問い直す。

第8巻 『ホリスティックな高校づくりのすすめ-教育改革を問い直す-』(E・YO)
 全体を通しての「オチ」を扱う。ひとつひとつのまなざしの問い直し、かかわり方の転換、システム全体のあり方の模索…これらを串刺ししてくれる座標軸を発見する。社会批判的な理論構築、思想史的な吟味などを行いつつも、具体的に一歩動くための提案を中心に行う。ひとつ高校にとどまらず、教育改革全般への提言として位置づけたい。

 注)「**」については、共同編集者を推薦していただく。●高だけにならないように配慮する   必要がある。

※以上です。そもそもの問題意識などにつきましては、前回のレジュメをご参照ください。
 次は、ML上で各章について知恵を出し合いましょう。都市部以外の高校の取り組みな ど幅を持たせることも必要(地域的条件を超えたメッセージを届けるために)。各編集 者のアドレスをご存じの方はお教えください。楽しみながらよいものを発信していきま しょう♪
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:教育問題について考える - ジャンル:学校・教育

【2003/04/15 16:25】 | 論文
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。