中・高教師用ニュースマガジンとは、授業実践・指導法・研究・研修・ワークショップなど教師に「価値ある情報」を2000年3月から配信しています。ブログ暫定版として閲覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪
 日刊『中・高校教師用ニュースマガジン』(中高MM)☆第1693号☆
                   2006年9月20日:水曜日発行
  編集・発行 梶原末廣   sukaji@po.synapse.ne.jp
http://kamaken.homelinux.org/~kajihara/sukaji/
  http://www.synapse.ne.jp/~kanoyu/sukaji/index.html
≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
====★☆INDEX★☆==========================================================
■【新連載】 「数学まるかじり」山崎直和(鹿児島県) 
===================================================◆◇====================

【新連載】

■ 「数学まるかじり」(1)


                  山崎 直和(鹿児島県)
                  鹿屋市立鹿屋東中学校 数学教諭 
                  mail@naokazu.com
                  HP:http://www.naokazu.com



次の誕生日で29歳になる山崎直和です。

ひっくり返すと92歳ですね。もしも自分の親が92歳だったらかなりの高齢出産と
いうことになりそうです。(もちろん,違います)

子どもが25歳で,親が52歳。これなら極めて普通のことです。

子どもが13歳で,親が31歳。これもよくあることでしょう。

--------------------------------------

同僚の英語のK先生がちょうどこの「ひっくり返すと親の歳」というパターンでして,
自分の25歳の誕生日のときに,お父さんが52歳だということに気づいて感激した
んだそうです。

とてもおめでたい気分になったK先生。お父さんと「こんな偶然,次は何年後にある
んだろうね?」と考えたんだそうですが,よく分からず,私のところにご質問があっ
たわけです。

皆さんはお分かりでしょうか? 現在「25歳,52歳」の親子が,次に「ひっくり
返すと同じ年齢」になるのは何年後か。

--------------------------------------

実はこのような偶然,

 (1)ある条件を満たす一部の親子に
 (2)10数年に1回しか起こらない

というとても貴重な現象なのです。

「ひっくり返したら同じ歳」である親子の間には,ある共通点があります。それは,
歳の差が9の倍数になるということです。

  52-25=「27」・・・これは9の倍数。
  31-13=「18」・・・これも9の倍数。

ですから,そもそも親子の歳が「9の倍数だけ」離れていなければダメです。という
ことは,お子さんは,親が18歳,27歳,36歳,45歳・・・のときに生まれて
いなければなりません。

次にこの現象が何年に1回起こるかですが,説明が長くなると読んでもらえそうにな
いので答えを言います。

11年に1回です。

「25歳と52歳」の親子が11年後には「36歳と63歳」になり,また11年後
には「47歳と74歳」となります。11年経つと,年齢の1の位も10の位も1ず
つ増える,というのがポイントです。

--------------------------------------

今日ご紹介したのは,星の数ほどある整数の性質の1つです。「なるほど,面白い
ね」と思うと同時に,「不思議だなァ」とか「何でだろう?」と考えてしまうのが人
の常。そうなってくれればしめたもの。その疑問に答えるために,さあ,数学の出番
です。

数学は,決してマニアックで堅苦しい,数字や公式遊びの学問ではありません。
人が誰しも持っている「何でだろう?」という知りたい欲求に,筋道立てて答えを見
つけていこう,とする姿勢こそが数学の原点。

そんな数学の巧妙な論法,楽しい世界を少しでも紹介できればいいと思っています。
しまりのない文章ですが,今後もお付き合いいただければ幸いです。

--------------------------------------

さてさて,本日の話題のおさらい。

親子のめでたい偶然は,自分が9の倍数のときにお生れになったお子さんと,11年
に1回しか味わえない奇跡,ということになるわけです。

ということは結婚をお考えの皆さん,迷ってらっしゃる場合じゃないですよ? 一度
チャンスを逃したら,また11年間待たなければなりません。

・・・ま,そこまで気にしなくてもいいか。

----------------------------------------------
山崎直和のHP「なんちな」:http://www.naokazu.com
----------------------------------------------

=================================================◆◇======================
===編集日記===

 皆様に支えられて「日刊・中高MM」第1693号の発行です。

【新連載】の 「数学まるかじり」お届けします。自己紹介からいきなり数学の世界へ。
山崎直和先生の軽いジャブです。中高MM久々の数学の連載です。

「人が誰しも持っている<何でだろう?>という知りたい欲求に,筋道立てて答えを
 見つけていこう,とする姿勢こそが数学の原点。」は、学問&研究の共通項かな?
って思いました。中学と高校の両方OKの山崎直和先生の「数学まるかじり」、どうぞ
お楽しみください。HP「なんちな」:http://www.naokazu.com もお薦めです。

           皆様のご意見・ご感想お待ちしています。
           sukaji@po.synapse.ne.jp
           梶原末廣【インターネット編集長】
======◆◇=================================================================
中・高校教師用ニュースマガジン 2000年3月26日創刊
  編集・発行 梶原末廣 sukaji@po.synapse.ne.jp   
    【発行部数1683名】(8/31)
◎バックナンバーURL
http://blog.mag2.com/m/log/0000027395
☆日刊「中高MM」の登録と解除
http://kamaken.homelinux.org/~kajihara/sukaji/touroku.html
http://www.synapse.ne.jp/~kanoyu/sukaji/touroku.html
●日刊【中高MM】●マガジンID:0000027395
■発行システム:インターネットの本屋さん『まぐまぐ』
                 http://www.mag2.com/
Copyright(C),2000-2004 ChuukouMM INC
全文、または一部の記事の無断転載および再配布を禁じます。
========================================◆◇=================================
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆2006年☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ 

【9月連載予定】 
     
21 1694 「わくわく図工室」(35)西尾環
22 1695 「エンターテインメント教育学」(4)上條晴夫    
23 休刊 ************************
24 休刊 ************************
25 1696 「プロジェクト志向でいこう!」(16)若槻徹 
「学びと評価の一体化を目指して」(44)田中保樹  
26 1697 「知の糧――人生途上で出あった本」(16)杉山武子
27 1698 「総合学習を本当の生きる力の育成につなげよう」(175)高橋りう司
       「参加型学習の可能性」(17)鈴木隆弘
28 1699 「一歩ずつ」(38)岩堀美雪
 「英国の大学院で国際児童福祉を学んで」(5)四宮都也子
29 1700 「教育とメディア考」(10)谷口泰三
【新連載】「教育実習のアラカルト」上西 好悦(京都府)     
30 休刊 ************************

      
【10月連載予定】 

01 休刊 ************************
02 1701 「総合学習を本当の生きる力の育成につなげよう」(176)高橋りう司
03 1702 「教師の視力検査」(8)木原ひろしげ       
04 1703 【新連載】「平和学習・地域研究(仮)」藤本文昭氏(愛媛県)
       http://www.ima-meitoku.ed.jp/yatabun/index.html
05 1704 「わくわく図工室」(36)西尾環
06 1705 「情報を追いかけて、情報に振り回されて」(38)石井清人
07 休刊 ************************
08 休刊 ************************
09 1706  「想いは南風に乗せて-あなたの心に」(34)堂園晴彦
10 1707 「目線を変えて見えた世界」(39)野元尚巳
11 1708 「国際理解来し方行く末」(38)高木洋子
12 1709 「生徒へ送る心のメッセージ~教師のための新しい視点~」 (2)桑原朱美
13 1710 「子どもにいのちをどう教えたいか」(4)股村美里
14 休刊 ************************
15 休刊 ************************
16 1711 「共に学び高めあう生徒を育てる学級づくり」(49)川端成實 
17 1712 「英国の大学院で国際児童福祉を学んで」(6)四宮都也子
18 1713 「モスポイントたより」(44)クニコホール   
       「こんなんもあります国際交流」(17)原田達明   
19 1714 【新連載】「教師を支える」梶原末廣
20 1715 「数学まるかじり」(2)山崎直和
21 休刊 ************************
22 休刊 ************************
23 1716 「わくわく図工室」(36)西尾環
24 1717 「一歩ずつ」(39)岩堀美雪
「環境問題について」(46)枝廣淳子  
25 1718 「プロジェクト志向でいこう!」(17)若槻徹 
「学びと評価の一体化を目指して」(45)田中保樹 
26 1719 「知の糧――人生途上で出あった本」(17)杉山武子
27 1720 「総合学習を本当の生きる力の育成につなげよう」(177)高橋りう司
       「参加型学習の可能性」(17)鈴木隆弘
28 休刊 ************************
29 休刊 ************************
30 1721 「教育実習のアラカルト」(2)上西 好悦(京都府) 
31 1722 「教育とメディア考」(12)谷口泰三    
       「エンターテインメント教育学」(5)上條晴夫 

==========================================================================       
(休載中)「鎌倉だより」(8)・「子どもと読書」(11)北原圀彦
      「翔べない豚さん」山下 莢(13)
      「新聞のある教室風景」(21)植田恭子  
  「教育をみつめて」(43)土橋英光      
      「命の語り部、西村徹さんの講演レポート」(32)梅田美和子   
 「薫のデジタルにっし」(49)Slotsve堀内薫
      「島津斉彬に学ぶプロジェクト学習」(9)寺尾美保
      「霧島プロジェクトを続ける」(5) 
      「平井雷太 学びのパラダイム」(37)平井雷太
「現場からのメッセージ~一緒に乗り越えてきた子供達~」(5)遠藤剛志
==========================================================================   
  
--------------------------------------------------------------------------
● 「skype」をしませんか?
  Skype は信頼できる無料インターネット テレフォニーです。
  Skype を使用すると、コンピュータまたは電話で相手と通話できます。
  Skype をダウンロードして、世界中の友達との通話を無料で。
  http://www.skype.com/intl/ja/
 *プログラムをラウンドーし、パソコンへのインストールで、即、使えます。
  必要なのは簡易のマイクのみ。IDを取得されたらお試しください。
 私は「kanoyu」で検索いただければ、OKです。

●【「ソーシャルネットシステム」(SNS)への招待】
 ◆ mixi(ミクシィ)とは....。
 『招待』による参加のみを認めるソーシャル・ネットワーキングサイトです。
直感的に人との繋がりが理解できるエンターテイメント・コミュニティです。
 http://mixi.jp/about.pl
 是非、上記URLにアクセスしてしてみてください。登録・参加可能な方は、
メールをいただければ、「中高MMコミュニティ」で情報交換・共有をはかり
たいと思います。 mail: sukaji@po.synapse.ne.jp
◆◆登録紹介必要事項:
(1)名前(2)ニックネーム(ハンドルネーム)(3)所属(連絡先)
(4)e-mail アドレス(5)中高MMへの感想など
--------------------------------------------------------------------------     

●====◆◇=======================================◆◇========●============= 
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:算数・数学の学習 - ジャンル:学校・教育

【2006/09/20 18:41】 | 中学校
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。