中・高教師用ニュースマガジンとは、授業実践・指導法・研究・研修・ワークショップなど教師に「価値ある情報」を2000年3月から配信しています。ブログ暫定版として閲覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【お知らせ】

■「アルモニ読書会」(10/18 18:30~20:30)


 梶原末廣@インターネット編集長です。
 先日は次の上映試写会を実施しました。

◆映画「ソウル・トレイン(Seoul Train)」(DVD)上映試写会
日 時: 9月16日(土) 17:30開場
               18:00~19:00(上映会)
               19:00~20:30(語り場)
場 所:「アルモニ」(小さな絵本美術館:絵本cafe)
     http://www.granpais.co.jp/harmonie/index.html
内容:DVD上映
    映画「ソウル・トレイン(Seoul Train)」 ~ 脱北者-いのちの叫び ~
          http://www.seoultrain.com/
    Directed by Jim Butterworth, Aaron Lubarsky and Lisa Sleeth
    ソウル・トレイン―― それは時刻表に決して載ることのない極秘列車。出発地点
    さえも明かされていない。 ソウル・トレイン―― それはいのちを賭して北朝鮮を
    脱出してきた人々が、自由と安住の地を求め、最後の望みをたくして乗車する片
    道列車。 ソウル・トレイン―― 分かっていることはただ一つ。終着駅は韓国の
    首都・ソウルであるということ。 生きるために中国へと逃れてきた脱北者。しかし、
    中国で彼らを待ち受けているのは、中国政府による弾圧と、その後の強制送還。
    「こんな中国にはいられない!」 こうして、各国の活動家たちが立ち上がり、ソウ
    ル・トレインを走らせるための「アンダーグラウンド・レイルロード」ができあがった。
    果たして彼らは終着駅にたどり着けるのか。


 さて、上記試写会に12名もの参加をいただきました。ありがとうございます。
 90分~120分で構成してもよい、実に内容の濃いものでした。また、参加者個々の
意識や知識の度合いも関係して表層を周回するに留まりました。中でもさらにたくさん
の方々に視聴いただいて云々。それだけ価値のあるものでした。
 まず皆で状況について知識を得ることが大切との合意を見ました。
 
 「読書会」から始めませんか? ということになりました。

 テキストは

1.「北朝鮮脱出」〈上〉地獄の政治犯収容所 (文庫)
  姜 哲煥
  出版社: 文藝春秋 (1997/02) ASIN: 416710914X

2.「北朝鮮脱出」〈下〉氷上の逃走 (文庫)
  姜 哲煥
  出版社: 文藝春秋 (1997/02) ASIN: 4167109158


  出版社/著者からの内容紹介
  恐るべき政治犯収容所に十年及び一年余にわたり閉じ込められた二人の青年が
   暴いた身の毛もよだつ体験と自由社会への必死の逃亡記
  内容(「BOOK」データベースより)
  九歳の夏、家族とともにいきなり耀徳政治犯収容所に幽閉され、十年にわたり
  地獄の苦しみを味わった姜哲煥。好奇心にかられて密かに中国を訪れ、帰国後
  一年余り同じ収容所で辛酸をなめた安赫―これまで秘密のヴェールに包まれて
  いた北朝鮮の政治犯収容所の恐るべき実態を、二人の青年が初めて白日の下に
  晒した衝撃の手記。

  来月は

================================================================

■ 「アルモニ読書会」開催


日 時: 9月16日(土) 18:00開場
                18:30~20:00

場 所:「アルモニ」(小さな絵本美術館:絵本cafe)
     http://www.granpais.co.jp/harmonie/index.html

内容:読書会

テキスト:「北朝鮮脱出」(上)・〈下〉 姜 哲煥
      出版社: 文藝春秋(文庫)

参加者:15名程度

参加費:飲みもの代

* 上記のテキストは「アルモニ」にて、お取り寄せしています。参加いただける方、
  メールまたは携帯にてお申し込みください。
  e-mail: kanoyu@po.synapse.ne.jp
携  帯: 090-1346-3090
=================================
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:教師の休日 - ジャンル:学校・教育

【2006/09/19 18:23】 | イベント(セミナー&ワークショップ)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。