中・高教師用ニュースマガジンとは、授業実践・指導法・研究・研修・ワークショップなど教師に「価値ある情報」を2000年3月から配信しています。ブログ暫定版として閲覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開催報告(2006年8月16-17日開催)
■第7回霧島プロジェクト 
 梶原末廣@インターネット編集長
e-mail: kanoyu@po.synapse.ne.jp
 http://www.synapse.ne.jp/~kanoyu/sukaji/index.html  
  2000年の夏から一貫して「未来教育」を基本に今年は「読解力」と「課題解決力」」(情報のネットワークと心のネットワークづくりを鹿児島で)をテーマに「第7回霧島プロジェクト」を開催いたしまし
た。参加者も県内外から延べ88名とほぼ目標に達しました。8月16日はかごしま県民交流センター翌日は郊外の仙巌園「秀成莊」の2会場で実施しました。
 開講式に続き、構成的グループエンカウンター(SGE)の手法を元に出会いのワークと知り合うワークで参加者の気持ちをほぐし講座の開始です。
 16日は「未来問題解決プログラム」の指導者養成講座と鹿児島競技大会を実施しました。未来問題解決プログラムはアメリカで30年の実績を持つ子どもたちの「創造力」と「問題解決力」を競う世界大会です。日本でも子どもたちを世界大会へ派遣できるようにすることも目的のひとつとです。今回はその前に指導者となる大人に対しての講座とミニ大会を実施しました。
  ●NPO未来問題解決プログラム日本代表:高橋りう司
    http://www.geocities.jp/fpspjapan/
 参加者の皆さんの終始熱心な姿勢が印象深いです。地元のKKB(鹿児島テレビ)の取材がありました。その日のお昼のニュースでその光景が流れました。
=========
●「霧島プロジェクト」開催(8/16 KKBお昼のニュース放映)
教師や会社員など幅広い分野で活躍する人たちが様々な「問題解決」の為のトレーニングを行う講習会がきょう鹿児島市で開かれた。「霧島プロジェクト」と題したこの講習会は2000年から毎年開かれているもので、初日のきょうは想像力や問題解決力を育むためのワークショップが開催された。出席者の大半は 小中学校・高校の教師で、子供たちが与えられた問題を解決するだけでなく、自ら問題を見極め解決できるよう育てるための指導者向けの講習でもあり、熱心なやり取りが続いた。(8/16) kkb-hpより
=================================

 午後からは地元の南日本新聞社と毎日新聞の鹿児島支局から取材がありました翌日の朝刊に次の見出しで掲載されました。

●南日本新聞社 8/17付 23面
 「読解力育成 教諭ら学ぶ 鹿児島市で研修会」

●毎日新聞社 8/17付 21面(鹿児島県版)
 「小中高生の創造力 問題解決力向上 鹿児島市でセミナープログラム実践」
 その日の夜は「オプショナル懇親会」として中原別荘で開催しました。昼間の参加者を匹敵する参加者で楽しい歓談のひとときを過ごしました。

  ◆参加者によるプレゼン 
  ・野元尚巳氏「ALASKA Glacier Bay Expedition」(アラスカ・グレッシャーベイ遠征報告)
 ・岩堀美雪氏&細田直樹氏(NHK福井放送局制作番組紹介)
  ◆「懇親会」(参加者お二人の結婚祝いと8月誕生日3名のお祝い)


 翌、17日の参加型シンポジウム「教育とメディア」では、コーディネーターに田中孝一氏(文部科学省視学官)を招聘し、 シンポジストに細田直樹氏(NHK制作局経済社会情報番組「クローズアップ現代」ディレクター)、・岩堀美雪氏(福井県小学校教諭)・永井真紗子氏(朝日新聞宮崎総局記者)・高橋りう司氏(NPO未来問題解決プログラム代表)で実施しました。テーマが大きく焦点を絞るのに難があったので、グループに分かれディスカッション。その後、各グループからのまとめ発表。各シンポジストの意見・提言の後、田中孝一氏から的確なまとめをいただきました。メディア発信の情報を生きたものにするために個々人の情報収集能力や分析力を養成することがより必要な時代であること。またメディアリテラシーの養成こそ急務である、など再認識しまし
た。

 午後のセッションは台風接近のためやむなく中止、最後のセッション「別れの花束」を実施し、閉講式としました。別れの花束はいつもの和やかしみじみとした雰囲気を醸していました。

 プロジェクト全体については「参加者の皆さんが,時には困惑時には笑いまた感動そして充実感を味わえる」ものとなりました。ひとつひとつのセッションが「お土産」として持ち帰り授業や教育活動そして何よりもご自身の生活への張りをもたらしてもらえるものと思っています。

 両日を支えるSGE(構成的グループエンカウンター)が今回も威力を発揮しました。

 特記事項として「オプショナル懇親会」(2つのプレゼン)と懇親会も盛り上がり,霧プロの新しい魅力が増したようです。



=======================================================================================

■「第7回霧島プロジェクト」

テーマ:未来教育(「読解力」&「課題解決力」)
情報のネットワークと心のネットワークづくりを鹿児島で・・・。

■開催日時 2006年8月16日(水)~17日(木)
     
■開催場所  かごしま県民交流センター(16)
仙巌園内「秀成荘」(17)・懇親会:「中原別荘」(17)
■内  容
(1)「未来問題解決プログラム研修講座」~指導者をめざして~
・子どもたちの「創造力」と「問題解決力」を養成するワークショップ
 NPO未来問題解決プログラム日本代表:高橋りう司
   http://www.geocities.jp/fpspjapan/
 
(2) 参加型シンポジウム 「教育とメディア」
  ● コーディネーター:田中孝一氏:文部科学省視学官
◆ シンポジスト 
 ・細田直樹氏:NHK制作局経済社会情報番組「クローズアップ現代」
・岩堀美雪氏:福井県小学校教諭
  ・永井真紗子氏:朝日新聞宮崎総局記者
  ・高橋りう司氏:(NPO未来問題解決プログラム)

(3)講話「島津斉彬の目指したもの ー思無邪の精神ー」
講師:寺尾美保(尚古集成館学芸員)

(4)構成的グループエンカウンター(SGE)

(5)「オプショナル懇親会」(於:中原別荘)
  ◆参加者によるプレゼン 
  ・野元尚巳氏「ALASKA Glacier Bay Expedition」(アラスカ・グレッシャーベイ遠征報告)
 ・岩堀美雪氏&細田直樹氏(番組紹介など)
  ◆「懇親会」

(6)各種情報交換と懇親会

=======================================================================================

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:教師の休日 - ジャンル:学校・教育

【2006/12/30 16:06】 | イベント(セミナー&ワークショップ)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。