中・高教師用ニュースマガジンとは、授業実践・指導法・研究・研修・ワークショップなど教師に「価値ある情報」を2000年3月から配信しています。ブログ暫定版として閲覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

≦≦≦≦≦≦≦≦≦≦≦≦≦≦≦≦≦≦≧≧≧≧≧≧≧≧≧≦≦≦
「『勇気の日』実現メールマガジン」勇気MM創刊号
           2000年10月9日(月曜日)
編集・発行 梶原末廣  kanoyu@po.synapse.ne.jp
☆★今日に生きる私と
  明日に生きる君がつながりあえるように語り合おう★☆
          【発行部数20名 】(10/9現在)
≦≦≦≦≦≦≦≦≦≦≦≦≦≦≦≦≦≦≧≧≧≧≧≧≧≧≧≦≦≦
============================================================
☆子ども達の未来は輝かしいものであってほしい!☆           
          梶原末廣(インターネット編集長)   
■ 「勇気の日」実現掲示板より
▲ 原稿募集中(「勇気MM」)
===========================================◆◇=============

☆子ども達の未来は輝かしいものであってほしい!☆

★2000年子ども国会、一人の子どもの発言「勇気の日を実現さ
 せよう!」が、今、全国へそして世界へ広がろうとしている。子
 どもから大人までみんなの勇気を結集しよう!

■2000年子ども国会で話題となりそれぞれの学校が生徒が先生
 がそして市民が子どもの達の将来を輝かしいものとするために動
 き始めました。「勇気」をキーワードに多くの方々とその考えを
 共有していきましょう。

◆はじめまして。
 私は共愛学園中学校の、羽多埜といいます。中学校委員会の書記
 をやっております。今日はバザーで、勇気の日コーナー&雑貨屋
 を運営しているのですが、勇気の日コーナーのことを来て下さっ
 た方々はとても深く考えて下さっています。このことは私にとっ
 て嬉しいことでもあり、非常に心の支えにもなっています。これ
 からも、勇気の日を広めていき、新しい日本の社会体制を形成し
 ていきたいと思っています!
 これを見て下さっている方へ、私も勇気の日には大賛成です。
 どうか、沢山の人が勇気を持てるようにねがっています。
 それでは、ありがとうございました。
Re:(霧島彬) とても良い考えです。がんばってください。
Re:(内藤志織) 一緒に頑張ろうね。私たちでたくさんの勇気を広
  めて行こうね。ガンバだよ!!

◇「勇気の日」掲示板に期待します!
田村 俊雄
2000年子ども国会をじっくり見ていた一人です。「勇気の日」
 の提案がなされた時に、若い世代にのみならず大人も子どもも一
 緒に(それぞれの年層が同時期にという意味)考えてみてはどう
 かと思いました。たくさんの意見が集まる事を期待しています。
Re:「勇気の日」掲示板に期待します!
梶原 末廣 返信遅くなりました。梶原末廣@掲示板管理者です。書き込み
  ありがとうございます。感謝申し上げます。ささやかな取り組
  みですが、貴兄ご指摘の通り、模範を示すべきは大人です。全 
  く同感です。子どもから大人への流れも素敵です。そんな時代
  です。力強くバックアップしていきたいと考えています。

▲▽▲▽▲【原稿募集中】▲▽▲▽▲   

◆購読者の皆様が関係する研究会・講演会・書籍等の情報原稿募集中。
 一行30文字、行数20行前後。連絡先メールアドレスは必須です。
◆感想や投稿大歓迎。感想も本MMで使うことがあります。匿名希望
 の方、掲載禁止の場合は明記してください。匿名の御質問・御依頼
 ・御批判には対応していませんのでご了承ください。
◆諸事情から掲載できないこともあります。掲載についてのお問い合
 わせはご遠慮ください。
◆原稿は sukaji@po.synapse.ne.jp 梶原末廣までお送りください。

=============================================================
===編集後記===
 皆様に購読を願い「勇気MM」創刊準備号の発行です。
 10月9日(月)10:35現在、購読者20名です。テスト送
信を兼ねて準備号の発行です。どうぞ、皆様の友人・知人・仲間に
この「勇気MM」の購読おすすめください。口コミがいちばん確実
に仲間が増えるようです。面白いですね!
 共愛学園(前橋市)を中心とした学園祭での「勇気の日」取り組
みが「こねっと毎日学校電子新聞」(10/2・9)や「毎日中学
生新聞」(10/6)にも大きく取り上げられ掲載されています。 
来月も楽しみな企画が実現しそうです。「勇気MM」でも紹介して
いきます。

             梶原末廣【インターネット編集長】
=============================================================
「『勇気の日』実現メールマガジン」10月10日創刊
   編集・発行 梶原末廣 kanoyu@po.synapse.ne.jp   
      【発行部数名】(10/2)
◎バックナンバーURL
http://bn.lib2.com/backnumber/frame.cgi?id=0000047590
☆「勇気MM」の登録と解除
http://www.synapse.ne.jp/~kanoyu/yuuki/index.html

●【勇気MM】●マガジンID:0000047590
■ 発行システム:インターネットの本屋さん『まぐまぐ』
                 http://www.mag2.com/
=============================================================
Copyright(C),2000 Yuuki INC
全文、または一部の記事の無断転載および再配布を禁じます。
===========================================================================

■「『勇気の日』実現メールマガジン」とは、
2000年子ども国会、一人の子どもの提案が発端となって「勇気
の日を実現させよう!」が、今、全国へそして世界へ広がろうとし
ている。その発言を一人でも多くの人に知ってもらおう。さらによ
り多くの子どもや大人の声を集めその活動や支援をしていこう。
小学生・中学生・高校生・大学生・大人の考えを共有する為にメー
ルであなたのお手元へ配信するシステムです。登録に関して料金は
必要ありません。

■どのようなメールが送られてくるのか
まずは、「勇気の日」実現掲示板で書き込まれた作品を送信します。
「勇気」をキーワードにあらゆる研究会・研修会・学習会の活動や
授業実践例(総合的な学習)なども紹介していきたいと考えていま
す。「なにげない一言」・「ちょっと元気が出る話」、子どもに元
気や勇気が湧いてくる大人からのメッセージや子どもから大人への
注文など人間交流を伝えていきたいと考えています。皆様のよいア
イディアなどもお寄せください。
各種作品から私たちがいいと感じたものを セレクトして配信すると
ころからスタートします。

■投稿作品も随時受け付け中です。

■配信頻度は(週刊)

当面週に1作品紹介できる形を予定しています。しかし、作品ごと
に配信形態は変化していくこともあります。短編であれば1回の配
信で完了しますが、少し長い作品になりますと、いくつかに分けて
配信する形になります。それぞれの作品に適した形で配信する予定
です。
================================================================-
================================================================
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:いじめ - ジャンル:学校・教育

【2000/10/09 19:58】 | アーカイブ
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。